• 仕事
  • インプットとアウトプットどちらが重要?それぞれの意味とは?
仕事

インプットとアウトプットどちらが重要?それぞれの意味とは?

仕事をする上で、必ず聞く言葉がインプットとアウトプット。インプットだけできてもアウトプットができていないと意味がないし、社会人においてインプットとアウトプットはとても重要な役割を示します。

しかし、そもそもインプットとアウトプットってどんな意味があるのでしょうか。そこで、ここではインプットとアウトプットの意味とどちらが大切なのか見ていきたいと思います。

インプットの意味とは

インプットってよく聞く言葉ですが、仕事を通して得た知識や経験や情報収集することで得たもののことを指します。これは、勉強においてもよく言われる言葉ですが、例えば仕事をしていく上で様々な知識が必要になりますよね。

その時に必要なことを情報収集をすると思います。そして、頭の中にその情報を知識として吸収していく作業を行います。これがインプットです。また、仕事をしていく上で得られる知識や経験がありますよね。これもインプットです。

英語のインプットを和訳すると「入力する」になりますが、ビジネスにおいては情報収集することで得た知識や仕事における経験で得た知識を自分自身で吸収していくこと、入力する事をインプットと呼んでいます。

アウトプットの意味とは

インプットが「入力すること」であればアウトプットはその逆で「出力すること」になります。要するにアウトプットとはインプットしたものを外に出すことで、発表したり、プレゼンしたり、交渉をしたりすることを指します。

よく勘違いされがちなのは、アウトプットを人に教える事だと思っている人が多いことです。そうではなく、アウトプットは自分で情報収集した知識を外に出していくことを指すわけですから、当然インプットの量が多ければ多いほどアウトプットもしやすくなるし、より良いものとなります。

ですので、ビジネスマンにとってアウトプットは非常に重要で、しっかりアウトプットできているかどうかが成果や実績、自分のスキルにつながることが多いのです。

インプットとアウトプット、どちらが大事?

ビジネスにおいては、インプットよりもアウトプットが大事だと言われることが多いです。なぜかというと、いくら良い情報を収集してそれを知識としてたくさん知っていたとしても上手くアウトプットできなければ意味がないからと言われています。

例えば、自分の会社の売りや自社製品の良いところなんかを人一倍勉強して、知識として持っていてもそれを発表する場がなかったり、上手く営業先で使えなかったとしたら、意味がありませんよね。そうなると、宝の持ち腐れになってしまいます。

じゃぁ、アウトプットの方が大事なのかと言われれうとそいういうわけではありません。インプットがきちんとできていないとアウトプットできないですからね。つまり、インプットとアウトプットはどちらが重要とかではなく、どちらも重要なんです。

ただ、一般的にはアウトプットの方に意識が置かれることが多く、なぜこのようなことが生まれるのかというと、多くの人がインプットに偏りがちだからです。インプットは自分磨きとして多くの人が取り組みやすく、知識を持っている人は意外と多かったりします。

しかし、それと同じ分だけアウトプットできるかと言われると、圧倒的にアウトプットの機会が不足していることが多いんです。ですので、上手くアウトプットするためにインプットする時はまず、アウトプットしやすいように何が重要なのか、ポイントをしっかり抑えながらまとめていくようにして下さい。

そして、アウトプットする時は優先順位を決めて、相手に伝わるように話していきましょう。インプットとアウトプットはバランスが大事です。多くの人はインプットばかりしている傾向があります。

もし、上手くアウトプットができていないなと思う人は今一度バランスについて考えてみて下さいね。

インプットとアウトプットのまとめ

いかがだったでしょうか。インプットとアウトプットについて紹介してきましたが、ビジネスにおいてどちらも大事なことがお分かりいただけたでしょうか。アウトプットってなかなか難しいですよね。だけど、インプットをしっかりして要点さえきちんとまとめておけば、実はアウトプットってやりやすかったりもするんですよ。

是非、これを機にインプットとアウトプットの意味をもう一度確認しておいて下さいね。そして、インプットとアウトプットのバランスについて考えてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧