• 仕事
  • ビジネスシーンでおすすめのボールペンはどれ?できる男はボールペンを見ればわかる?!
仕事

ビジネスシーンでおすすめのボールペンはどれ?できる男はボールペンを見ればわかる?!

筆箱の中に必ずと言っていいほど入っているのがボールペンですよね。ちょっとしたメモをする時やスケジュール帳管理をする時などボールペンを使う機会って結構多いです。また、営業マンであれば契約書などを書いてもらう時にボールペンをお客さまに貸すこともあるでしょう。

そんな時、カッコよくてハイセンスなボールペンを持っているだけで、相手からの印象は全然変わります。そこで、ここでは自分に合ったボールペンの選び方とおすすめのボールペンについて解説していきたいと思います。是非、ボールペン選びの参考にして下さいね。

ボールペンの選び方とは

それでは、まずボールペンの選び方から解説していきたいと思います。

①芯の太さで選ぶ

ボールペンには芯の太さがありますよね。細いボールペンになると0.3㎜、0.4㎜、0.5㎜になりますが、小さい文字を書くのにとても適しています。少し太めの文字が好きだという人は0.7㎜や1.0㎜を選ぶと良いでしょう。

②持ちやすさで選ぶ

次にボールペン選びで重要なのはフィット感です。文字を書いたり、持つのが重いと手や指が疲れやすくなってしまいます。そうなると、そのボールペンで字を書くのがストレスになってしまいます。そこで、自分が持ちやすくて疲れにくいボールペンを選ぶようにしましょう。

③機能性で選ぶ

ボールペンには三色ボールペンやシャーボと呼ばれるシャープペンとボールペンが一緒になったボールペンがありますよね。最近では、ボールペンにスマホを操作できるタッチペンが付いたものも売られています。よく赤ペンを使うという人は機能性ボールペンを選ぶのも良いでしょう。

④インクの種類で選ぶ

ボールペンに使われているインクは3種類あります。それぞれの特徴について解説していきたいと思います。

・油性ボールペン

一般的なボールペンには油性のものが使われています。油性ボールペンは、耐久性に優れており、滲みにくいのが特徴です。長時間使わないとインクが固まってしまうこともあるので、できればマメに使うことをおすすめします。

・水性ボールペン

水性ボールペンは筆圧が必要ないので、疲れにくいです。長い文章を書く時などに便利ですが、水に弱いので気を付けておきましょう。

・ゲルインキボールペン

油性ボールペンと水性ボールペンの中間がゲルインキボールペンになります。耐久性があり、筆圧を加えなくてもスラスラ文字を書くことができます。書き味も滑らかで長い時間、文字を書いていても疲れにくいですが、インクの減りは早いです。

⑤ペン先の出し方で選ぶ

ボールペンのペン先の出し方ですが、主に5種類あると言われています。それぞれ好みがあると思うので、好きなものを選ぶと良いでしょう。

・ノック式

ボールペンの上部(ペン先とは逆の部分)をクリックするとペン先が出て、またクリックすると引っ込むタイプのボールペンをノック式と言います。カチっとクリックするだけなので、とっても使いやすいです。

・サイドノック式

ペンの上部のサイドにノックパーツが付いているものがサイドノック式になります。シャーボや三色ボールペンなんかでよく使われているので見てみると良いでしょう。

・キャップ式

キャップが付いているタイプのボールペンは、しっかり芯を保護することができます。高級ボールペンのほとんどはキャップ式が使われており、とってもオシャレです。ビジネスシーンには最適なボールペンのタイプと言えます。

・振り子式

ペンの内部に重りが入っていて、ペンを上下に振ることで芯が出てくるタイプを振り子式と言います。多機能ボールペンによく使われている仕組みです。

・ツイスト式

回転式のボールペンで、ペンをねじるとペン先が出てくるボールペンです。人気ブランドのボールペンにもツイスト式が使われていることが多いです。

おすすめのボールペン5選

それでは、ボールペンの選び方が分かったところでおすすめのボールペンについて紹介していきたいと思います。

・パーカー IM ステンレスGT

ボールペンブランドの王道と言えばパーカーではないでしょうか。パーカーはイギリスとアメリカで人気を博したメーカーの一つで、日本でもパーカーのボールペンを持っているビジネスマンはとても多いです。

IM ステンレスGTは、ブラックをベースにシルバーがポイントになっており、シンプルながらも高級感の溢れるボールペンとなっています。金額もそこまで高くないので、社会人なりたての人でそれなりの1本を使いたいという人におすすめですよ。

・ジェットストリーム・プライム(UNI)

ジェットストリーム・プライムは、国産のボールペンになります。こちらの商品はジェットストリームの高級ラインになるのですが、2013年の発売以降多くのビジネスマンに愛されているボールペンです。

毎年行われる「お気に入りボールペン総選挙」では普通のラインと一緒に1位、2位を獲得している商品になります。また、使用している芯は4C規格で、他社の替え芯を使用することもできるので非常に便利です。

・MONTBLANC/スターウォーカー

モンブランと言えば、高級筆記具メーカーという印象を持っている人が多いのではないでしょうか。ボールペンと言えばモンブランと言われるほど知名度が抜群であることは間違いないと思います。

そんなモンブランの代表作はマイスターシュテュックなんですが、デザイン性の高さからいくとスターウォーカーがおすすめです。とてもモダンなデザインになっており、現代的なスタイルに伝統的なスタイルが融合されたものになっています。

お値段は定価で36,000円とお高めですが、長く付き合うことのできる一品であること間違いなしです。

・LAMY2000(LAMY)

ラミーはドイツの高級筆記具のメーカーで4色ボールペンになっています。黒だけでなく、赤・青・緑と使うことができるので、チェックを入れたい時など非常に便利です。実は、このデザインですがかれこれ50年前にデザインされた形なんですよ。

見た目は派手なものではありませんが、とてもシンプルで使いやすく、スタイリッシュな形となっておりビジネスマンにはもちろん、女性でも使えるデザインになっています。

・ウォーターマン エキスパート エッセンシャル ブラックGT

ウォーターマンは、1883年に世界で初めて万年筆を作った会社です。そんなウォーターマンから出ているボールペンがこちらのエキスパート エッセンシャル ブラックGTになります。

ブラックにゴールドのラインが入ったボールペンはとても高級感があり、丸実のあるボディが持ちやすく長時間、使用しても疲れにくいという特徴があります。また、万年筆を作ったというだけあって書き味抜群です。高級なボールペンを検討しているという人にはおすすめですよ。

ビジネスシーンで使うボールペンはおしゃれでハイセンスなものにしよう!

以上、ビジネスマンにおすすめのボールペンについて紹介してきました。ボールペンを購入する時、あなたが求めるものは何でしょうか。見た目のカッコよさでしょうか。疲れにくくて書き味が良いものでしょうか。

ボールペンって一度購入するとなかなか買い替えませんよね。リフィルがあるので、芯を替えるだけで一生使うことができます。ですので、少しお高めのボールペンを購入する時はこだわりの一品を購入するようにして下さい。ボールペン1つでできる男に見られるということを忘れないで下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧