市販でおすすめの睡眠薬はどれ?どうやって選ぶべきか?!

眠れない日々が続くと結構ツライですよね。

私自身、眠れない時にはリラックスできる音楽を聞いたり、ホットミルクを飲んでみたり…と様々なことをやってみることもあるのですが、どうしてもなかなか眠れない時って結構あります。

そんな時、睡眠薬を使うのは一つの手段かもしれません。睡眠薬って聞くとなんだか怖いイメージを持っている人も多いかもしれませんが、しっかり用法用量を守って飲めば全然怖くないんですよ。

しかも、市販で販売されている睡眠薬は効果がかなり薄いので副作用や依存症のリスクが少ないですからね。そこで今日は市販されている睡眠薬について解説していきたいと思います。

市販薬の睡眠薬は睡眠薬ではない!?

実は、市販で売られている睡眠薬は睡眠薬ではないって知っていましたか。一般的に睡眠薬と呼ばれるものは病院で処方されないと購入ができません。ということは、市販で販売されている睡眠薬っていったい何なのでしょう。

それは、「睡眠改善薬」と呼ばれる睡眠をサポートしてくれる薬になります。睡眠改善薬は一時的な不眠の症状を改善するお薬で長期的な不眠症には効果があまりありません。ですので、眠りが一時的に浅い人などはこれだけで改善することが多いんですよ。

市販の睡眠薬に使われている成分とは

市販薬のメリットはドラッグストアや薬局、インターネットで気軽に購入できることです。
医師による処方箋が要らないため効果は薄いのですが、主にどんな成分が使われているか見ていきたいと思います。

市販の睡眠薬には以下の3つの成分が主に使われています。

①ジフェンヒドラミン塩酸塩

ジフェンヒドラミン塩酸塩は、風邪薬の中に含まれている成分で、脳の覚醒の維持や調整の役割を担うヒスタミンを抑制する働きがあり、眠気を引き起こします。抗ヒスタミン剤と呼ばれる睡眠薬の主な成分がこれで、風邪薬を飲むと眠くなるのはジフェンヒドラミン塩酸塩が使われていることが原因の一つとなっています。

②ブロモバレリル尿素・アリルイソプロピルアセチル尿素

ブロモバレリル尿素・アリルイソプロピルアセチル尿素はイライラや不安を抑える抗不安作用を持つ成分です。こちらも風邪薬や解熱剤などに使われており、精神的なことが原因で眠れない場合には効果的です。

③漢方薬・生薬の精神安定剤

漢方や生薬の成分の中には、催眠作用があるものや抗不安作用があるものもあります。どんなものがあるかというと、ホップやカギカズラ、サンソウニンなどなどです。

市販でおすすめの睡眠薬5選

それでは、市販で販売されているおすすめの睡眠薬を5つ厳選して紹介したいと思います。

・ドリエル

ジフェンヒドラミン塩酸塩が使われている睡眠薬です。一時的な不眠による症状を緩和してくれるお薬で自然に近い眠りをサポートしてくれます。どのランキングサイトを見ても必ず上位に入ってくる商品です。

https://www.ssp.co.jp/drewell/

・ウット

ブロモバレリル尿素・アリルイソプロピルアセチル尿素が使われている睡眠薬です。イライラや不安、緊張を和らげる効果のあるお薬なため精神的なことが原因で眠れない人におすすめの睡眠薬になります。

http://www.itami-ph.co.jp/products/sedative/wuto.html

・漢方ナイトミン

サンソウニンやカンゾウ、チモ、センキュウなどの漢方や生薬が使われている睡眠薬です。体力が多少残っていて精神不安や不眠症、神経症に効果があると言われています。なるべく、お薬を使わず、自然由来のもので改善したいという人にお勧めです。

https://www.kobayashi.co.jp/seihin/knm/

・レスティ錠

レスティ錠は漢方や生薬が主成分となっており、イライラを抑え不安を取り除くのに有効なハーブエキスを9種類配合しています。なかなか寝付けない人やぐっすり眠れないという人におすすめで、幅広い症状に対しての効果が期待できます。

・ネオデイ

ジフェンヒドラミン塩酸塩が使われているお薬で、効果は比較的緩やかです。寝つきがとても良くなるので、入眠障害で困っている人なんかにはお勧めですよ。

http://www.taisho.co.jp/neoday/

睡眠薬の効果的な使い方や注意点

市販で買うことのできる睡眠薬は、病院で処方されるお薬と違って効果は緩やかです。中には全く効かなかったという人もいます。「じゃぁ、副作用の心配はないの?」って思っている人もいるかもしれませんが、副作用はあります。

一般的な副作用として

・口の渇き
・心拍数の増加
・尿量の減少
・便秘
・かゆみ

などが挙げられます。

そして、注意して欲しいのは市販薬だからと言って長期服用しないことです。
市販の睡眠薬は一時的な睡眠障害に効果があると言われています。長く続けることで効果を感じにくくなってしまうので、長期的な服用は止めましょう。

市販で買える睡眠薬のまとめ

以上、市販で買える睡眠薬について紹介してきました。
薬局やドラッグストアで買うことのできる睡眠薬は性格には「睡眠改善薬」と言います。
あくまでも睡眠をサポートする成分になるので勘違いしないようにしておきましょう。

関連記事