• ブログ作成・編集
  • 源泉徴収票をなくしてしまった時の再発行の方法とは?手続きにかかる時間なども詳しく紹介!
ブログ作成・編集

源泉徴収票をなくしてしまった時の再発行の方法とは?手続きにかかる時間なども詳しく紹介!

仕事をしていると、12月に年末調整で源泉徴収票をもらう人は多いと思います。源泉徴収票ってとっても小さいのですが、確定申告では源泉徴収票を添付しないと還付金が返ってこないというのもあってとっても大事なものですよね。

頭では源泉徴収票を失くしてはいけないって分かってはいるのですが、もしも失くしてしまった場合、あなたならどうしますか。ここでは、源泉徴収票を失くしてしまった場合の再発行の方法について詳しく紹介していきたいと思います。もしもの時に備えて是非、覚えておきましょう。

そもそも源泉徴収票はいつもらえるのか?

フリーランスや自営業で働いていると、年末調整の時期がとっても気になりますよね。会社勤めの人はあまり気にならない人も多いかもしれませんが、転職した時や退職した時に初めて源泉徴収票の重要さに気付く人も多いです。

源泉徴収票は納税の証明書になり、その年の1月1日から12月31日までの給与の支払い額、各種控除、最終的な所得税額が載っています。どんな時に必要になるのかというと、確定申告を始め、住宅ローンを組む時、扶養家族になる時、転職の時などです。

そして、一般的には12月に源泉徴収票をもらえることが多いのですが、企業によっては1月になることもあるでしょう。会社の提出義務が1月末となっているのでそれまでには必ずもらえます。

退職後の源泉徴収票はいつまでにもらえるのか?

転職などで会社を退職した場合、退職に合わせて源泉徴収票をもらえるのが一般的で、法律でも退職して1か月以内に源泉徴収票を発行しなければならない決まりがあります。なかなか源泉徴収票をもらえない場合は、色々な手続きが滞ってしまう可能性があるので、必ず請求しましょう。

源泉徴収票をもし失くしてしまったら再発行できるの?

確定申告や転職などで必ず必要になってくる源泉徴収票をもし失くしてしまった場合…再発行はできるのかというと、可能です!源泉徴収票は再発行依頼があった場合、再発行しても良い書類とされているので、必要な手続きさえしっかり踏めば再発行できることがほとんどです。ですのでもしも源泉徴収票をなくしてしまった場合でも、そこまで焦る必要はないですよ。

源泉徴収票を再発行する方法について

それでは、源泉徴収票を再発行する方法についてお話していきたいと思います。

①発行元である会社に源泉徴収票の再発行を依頼します。

②発行元より、再発行するための手続きに必要な書類が送られてきます。

③書類にしっかり目を通し、必要事項を記入して発行元へ提出しましょう。

④発行元で手続きが終了したら、再発行された源泉徴収票を受け取ります。

以上が、源泉徴収票を再発行する時の流れになります。できれば、再発行の依頼をしないで良いようにしっかり保管しておきたいところです。

源泉徴収票の再発行の依頼をしにくい場合はどうする?

上記の源泉徴収票の再発行手続きを見てお分かりのように、再発行自体はとっても簡単でスムーズです。しかし、退職した会社に源泉徴収票の再発行を依頼するのは正直、嫌だなと思う人もいると思います。そのような場合、どうしたら良いのでしょうか。

①税理士に依頼する

1つ目は税理士にお願いする方法です。会社で再発行するのが嫌な場合は、税理士に依頼すると、源泉徴収票を再発行してもらえます。

②新しい職場の人事に再発行の依頼をお願いする

2つ目は、新しい職場の人事に再発行の依頼をすることです。源泉徴収票の再発行は前の職場でしか再発行ができません。転職などで、新しい勤務先が決まっている場合は新しい職場の人事にお願いすると良いでしょう。

ただし、会社によっては本人が直接依頼しなければならないと言われることもありますので、その場合は自分自身で直接依頼するしかありません。

以上、2つの方法を紹介しましたが、基本的には源泉徴収票の再発行は自分で依頼する方が良いです。どうしても依頼しづらい場合のみこの方法をとるようにして下さいね。

源泉徴収票の再発行を拒否されてしまった場合の対処法とは

源泉徴収票の再発行は上記で紹介したような手続きを踏めば、基本的には再発行が可能です。しかし、発行元の状況によっては再発行を拒否されることがあります。例えば、前の会社と揉めて退職した場合や前の会社が倒産してしまっていた場合は、会社と連絡とるのが難しく再発行ができない状況になってしまうかもしれません。

その場合は、必ず税務署に問い合わせるようにして下さい。この時、自分の住所がある税務署ではなく、前の職場の住所を管轄している税務署に連絡するようにして下さいね。

源泉徴収票の再発行までにかかる時間とは

源泉徴収票の再発行までにかかる時間は、発行元のシステムや体制によって異なってくるので時間がかかるところもあれば、すぐに再発行してもらえる会社もあります。例えば、社内で源泉徴収票を発行している会社であれば、依頼してすぐに再発行してもらえます。

しかし、源泉徴収票などの管理を外部に委託している会社などでは再発行までに時間がかかってしまうことが多いようです。源泉徴収票は税理士に委託している会社が多いです。

その場合、会社側から税理士事務所に連絡をして再発行という形になるので、すぐに連絡が取れればさほど時間もかかりませんが、税理士さんが不在の場合は再発行に時間がかかってしまい、数日かかってしまうこともあります。

源泉徴収票を失くしてしまったらすぐに再発行をお願いしよう!

以上、源泉徴収票をなくしてしまった場合の再発行の方法について詳しく紹介してきました。基本的には失くさないでほしい書類ではありますが、もし失くしてしまっても再発行の手続きは比較的簡単です。

発行元に再発行の依頼をし、必要な書類を記入して提出すればすぐに対応してもらえます。しかし、源泉徴収票を外部に委託していたり、会社側が拒否したりした時はすぐに再発行されない可能性もあります。

確定申告など、期日が決まっている人などはなるべく早く再発行してもらえるように早めに対処しておいた方が良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧